本連載では、山岳写真家のYoshihide Hiranoさんが撮影した美しい山の写真を紹介していきます。 Hiranoさんがフィルムに焼き付けた美しい山々をお楽しみください!


天高く、打ち寄せる白雲

撮影地:南アルプス 薬師岳山頂
撮影月:10月上旬
紅葉の時期の山は1年で一番華やかなになります。 赤色、黄色、緑色が織り交ざり、晴れたら太陽に照らされて輝き、霧に包まれて淡い色に浮かび、 雨が降れば濡れてしっとりと色を染める、秋山は色彩豊かです。 この作品は雲が波のように打ち寄せる感じで湧き出して迫力を与え、 少し見える富士山もアクセントになっています。 左側の花崗岩がごろごろした斜面は薬師岳の特徴のひとつです。 薬師岳(2780m)へは、南アルプス市の夜叉神峠登山口から入山して約7時間30分くらいかかります。 途中に南御室小屋、薬師岳小屋があり、山小屋に泊まりながらのんびりと登山するのがおすすめです。 山頂から眺める北岳、間ノ岳、農鳥岳、仙丈岳などの山並みはすばらしいです。

【Yoshihide Hirano氏プロフィール】
登山歴30年、山岳写真歴20年
使用カメラ:ペンタックス67Ⅱ
最近の主な撮影山域:南アルプス、八ヶ岳
日本山岳写真協会会員
磐田市在住