今月から新連載「山」をスタートしました。 本連載では、山岳写真家のYoshihide Hiranoさんが撮影した美しい山の写真を紹介していきます。 私も山が大好きで少し前までは週末の度に登山に出掛けたものです。 私の場合はひたすら歩くのみといった感じでしたが、山で味わうしんと静まった気持ちは何にも代えがたいものですね。
Hiranoさんがフィルムに焼き付けた山々の表情をお楽しみください!


黎明

撮影地:八ヶ岳 高見石
撮影月:2月
高見石小屋から15mほど登ると高見石の展望台です。厳冬期の早朝なので岩は凍りつき、周囲は積雪で真っ白な中、雲の間から赤い太陽がゆっくり見え始めます。寒さで太陽も燃焼不足な感じ。もっと燃えろと思いつつシャッターを押しました。 高見石小屋へは、長野県茅野市の渋御殿湯から徒歩で約3時間です。高見石小屋は通年営業しているので冬でも登山者は比較的多いですが、悪天時はルートがわかりにくい場所もあるので注意が必要です。

【Yoshihide Hirano氏プロフィール】
登山歴30年、山岳写真歴20年
使用カメラ:ペンタックス67Ⅱ
最近の主な撮影山域:南アルプス、八ヶ岳
日本山岳写真協会会員
磐田市在住