本連載では、山岳写真家のYoshihide Hiranoさんが撮影した美しい山の写真を紹介していきます。 Hiranoさんがフィルムに焼き付けた美しい山々の姿をお楽しみください!


雲を眺めて

タイトル:雲を眺めて
撮影地:南アルプス 北岳右俣登山道
撮影月:10月下旬
登山道を下ってきて振り返ると、山の向こうから次々と雲が流れてきて良い感じだったので、
空を大きく入れて広々した風景を作品にしました。
気に入った雲が来るのを待って何回かシャッターを切りますが、
次はもっと良い雲が来るんじゃないかと思うと、なかなか撮影を終えることができなかったです。
雲を眺めていると時間を忘れます。
たまには時間を気にしないでのんびりと流れる雲を眺めていたいなあ。 北岳(3193m)へはいくつかのルートがありますが、広河原登山口から大樺沢ルートを登るのがメジャーです。
広河原登山口から約6時間、標高差1500mのハードな登りですが、
今年はコロナウィルスの影響で北岳へのルートは全て使用禁止となっています。
周辺の山小屋も営業していません。
早く登山できるようになることを待ちたいと思います。

【Yoshihide Hirano氏プロフィール】
登山歴30年、山岳写真歴20年
使用カメラ:ペンタックス67Ⅱ
最近の主な撮影山域:南アルプス、八ヶ岳
日本山岳写真協会会員
磐田市在住