本連載では、山岳写真家のYoshihide Hiranoさんが撮影した美しい山の写真を紹介していきます。 Hiranoさんがフィルムに焼き付けた美しい山々をお楽しみください!


真冬のモンスター

撮影地:八ヶ岳中山展望台
撮影月:2月中旬
八ヶ岳では大きな樹氷はなかなか見られませんが、この写真を撮影したときは南岸低気圧の通過によって山梨県や長野県に大雪が降った直後で、見事な樹氷ができあがっていました。気温は氷点下15度くらいで天気も良く、初めて見る大きな樹氷に感動しました。それから数年毎年ここへ登っていますが、この年ほど大きな樹氷には会えていません。 中山展望台は黒百合ヒュッテから樹林の斜面を約1時間登り、中山(標高2,496m)を越えて5分ほどで到着します。開けた雪原で、中央アルプス、南アルプスなど展望がすばらしいです。そのかわり風当たりが強い場所なので冬は防風防寒装備をしっかり整えて挑む必要があります。

【Yoshihide Hirano氏プロフィール】
登山歴30年、山岳写真歴20年
使用カメラ:ペンタックス67Ⅱ
最近の主な撮影山域:南アルプス、八ヶ岳
日本山岳写真協会会員
磐田市在住