本連載では、山岳写真家のYoshihide Hiranoさんが撮影した美しい山の写真を紹介していきます。 Hiranoさんがフィルムに焼き付けた美しい山々をお楽しみください!


春の兆し

撮影地:北アルプス燕岳
撮影月:4月下旬
いつもの燕岳からの作品です。 稜線から東側へ続く合戦尾根にはまだ残雪がたっぷり残り、きれいな雪面が見られます。 朝陽があたると斜面に光と影の造形が浮かびあがり感動的なので、 私の定番の撮影ポイントとなっています。遠くには安曇野の街が見え、 山上と下界とで隔たっている感じが良いですね。 燕岳(2763m)へは中房温泉登山口から登り、残雪期は約5時間かかります。 4月下旬から稜線上の燕岳山荘が営業を開始するので、 暖かい山小屋でのんびり過ごすことができます。 この時期は雪山の雰囲気も十分楽しめるので大好きな季節です。 下山してからの温泉もおすすめですよ。

【Yoshihide Hirano氏プロフィール】
登山歴30年、山岳写真歴20年
使用カメラ:ペンタックス67Ⅱ
最近の主な撮影山域:南アルプス、八ヶ岳
日本山岳写真協会会員
磐田市在住