本連載では、山岳写真家のYoshihide Hiranoさんが撮影した美しい山の写真を紹介していきます。 Hiranoさんがフィルムに焼き付けた美しい山々の姿をお楽しみください!


冬への粧

撮影地:北アルプス燕岳稜線
撮影月:11月初旬
11月になると雪が降る日が増え、降雪が根雪になり、冬らしくなっていきます。
広葉樹は完全に落葉してしまいますがハイマツの緑は残り、雪が付き始めた高山とのコントラストが素敵な時期です。
登山客もだんだん少なくなり、静かな山旅を楽しめます。
燕岳(2763m)へは中房温泉登山口から4時間~5時間の登行となります。
11月でも寒気が来ると氷点下10度以下になるので真冬並みの装備が必要になります。
稜線上の燕山荘は11月下旬まで営業していますので、暖かな山小屋へ宿泊して初冬の山の雰囲気を楽しめます。

【Yoshihide Hirano氏プロフィール】
登山歴30年、山岳写真歴20年
使用カメラ:ペンタックス67Ⅱ
最近の主な撮影山域:南アルプス、八ヶ岳
日本山岳写真協会会員
磐田市在住